海老江(えびえ)
明治28年(1895年)女方 宮田国助作。
元は菅谷明神の神輿である。明治16年に柳町と下館七ケ町の共有神輿として造られたことが始まり。当初は素盞鳴尊(すさのおのみこと)を祭る八坂神社が菅谷明神社であったた為に菅谷明神社に納められていたが、明治23年に柳町に移管され、その後明治28年に菅谷明神社の神輿として、新造されたのがこの神輿である。