上川中子
(かみかわなご)
総漆塗平屋台の神輿。製作年代は不明であるが、明治のはじめ頃には渡御をしていたと言われる。屋根が高く胴も細くスマートな神輿である。又、古神輿にしては古色の色も出なく、明るい色調の神輿である。