川島(壱)旧伊佐山
(かわしま1・きゅういさやま)
明治9年(1876年)下館女方宮田庄三郎作。
白木高欄造。白木造りの本領を偉観なく発揮。彫刻がすばらしい背の高い神輿。組物尾垂木の龍や胴羽目(どうはめ)
の素盞鳴尊(すさのおのみこと)や楠木正成・正行親子の桜井の別れの彫刻など、年輩の人が見たら、懐かしさをおぼえる神輿であろう。前扉の鶴丸の彫刻など他に例がない。