蒔田(まくだ)
明治15年(1883年)宮田庄二郎、宮田光久作。
漆塗一部白木高欄造り。重量感のある堂々とした姿の神輿である。胴羽目(どうはめ)両側の唐獅子(からじし)、後面の大きな孔雀の彫刻など一際目につく。屋根の凹み傷は隣地区国府田の神輿との喧嘩による勲章傷である。