西方(にしほう)
明治10年(1877年)
総漆塗平屋台の神輿。神社型神輿の基本の様に彫刻は欄間(らんま)に「鶴」、胴羽目(どうはめ)は扉左右に「上り龍」「下り龍」、腰羽目(こしはめ)には「波と千鳥」が施されている。
昭和25年(1950年)に大阪屋の羽生忠助氏によって塗り直しが行われている。