下中山(しもなかやま)
総漆塗り。四方に高欄のない階(きざはし)がつく。神輿の扉は、桟唐戸(さんからど)が一般的であるが、この神輿の扉は、白木の神輿などで見かける板唐戸(いたからど)となっており、漆塗神輿では珍しい。