下岡崎(しもおかざき)
総漆塗平屋台の神輿。戦前東京都千代田区神田の神田明神の氏子町内より譲り受けた神輿で、屋根の大紋(たいもん)が神田明神の神紋となっている。神田明神や神社の大神輿をはじめ、各町内の神輿は戦火によりほとんど焼失してしまい、宮惣、多志鉄(だしてつ)、武井作か。戦前の神田の神輿が現存していることは貴重である。